カタログを作る時の成功例と失敗例

Image of 古見 元気
古見 元気

経営・ビジネスハック

現代のブランド戦略は、「消費者視点」「顧客中心」のマーケティング戦略と密接な関係性があります。ブランドイメージを発信し、消費者や社会に「ブランド」を認知してもらうためには、マーケティング活動における、プロモーションがプロセスに関わってくるためです。 

こういった強い関係性から、ブランド戦略の実施は、マーケティング活動やセールス活動にもプラスの効果を生みだします。そのため、アメリカで近年大きな成功をおさめている企業では、ブランド戦略の位置付けをマーケティング戦略の上流に、経営戦略に近い位置づけにすることで、ブランド戦略に力を注ぎ、業界における競争性を高め、売上シェアを高めています。

 

ここでは、ブランディング戦略の重要性について理解を深めるために、ブランド戦略の基礎、ブランド戦略を実施した企業の成功事例・失敗事例を紹介していきます。最後に、実際にブランディングを実践するための構築手順についてご紹介します。

 

ブランド戦略が企業に必要な理由

ブランド戦略とは?

ブランド戦略とは、自社の製品やサービスがもつ独自性、差別ポイント、強み、価値を消費者や社会に認知してもらい、イメージの向上を図ることで、製品やサービスを選択する際の決定要素、購入を継続するための動機付けとすることを目的としています。

ブランド戦略によって消費者のブランドへの信頼が高まれば、ロイヤリティの高い顧客を獲得でき、その結果、企業の売上の拡大、安定性、継続性を底支えする効果があることから、企業における戦略の一つとして重要視されています。

 

ブランドとはどのように確立される?

ここで、「ブランド」が確立される定義について明確にしておきます。というのも、この問いに正確に答えられる人は意外と少なく、誤って理解している人も多いため、押さえておきたいポイントです。

 

「ブランド」が確立されるには、3R(Relationship、Relevance, Reputation)と呼ばれる概念が登場します。

ブランド戦略_1.png

Leave a Comment